×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

簡単 ハンドメイド 販売 方法

著作権や取引上の注意点

トップ
アイコンスポンサード リンク
相互リンク集 相互リンクによるアクセスアップのための自動相互リンク集です。

販売上の注意点

アイコン著作権侵害について

ハンドメイド品を作るにあたって、注意して頂きたいのが著作権についてです。

たとえば布を使って何かを作る場合、その生地が商用利用を禁止している場合があります。
つまり「その生地を使って利益を目的とする行為を禁止」しているのです。

また、著作権のあるキャラクターのマスコットを作って販売することもできません。

さらにキットを使って作るもの、作り方が掲載されている本の真似をして作ったものも
商用利用を禁止」と書かれていればすべて禁止なのです。

もし自分が使いたい生地が販売OKなものか分からない場合は、
販売店の店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。

そして最近増えているのが盗作です。
ネットやお店で見かけた他の作家さんの作品を真似て作り
販売する行為のことです。

正直他人の作品を少しアレンジしただけのものでも
「オリジナルだ」と言われればそこまでですので、
曖昧になってしまい増加しているという面もあるかもしれません。

しかし、真似された方は傷つきます。
事情を知らない第三者の方に
「あなたが真似をしているのだろう」
といらぬ疑いをかけられることもあるのです。

こういった問題は曖昧であるからこそ本人のマナーであり、
「人としてやるべきではないこと」
と私は考えますので、そういうマナーを心得たうえで
ハンドメイド作品を製作していただきたいなと思います。

アイコンネット上の取引では言葉に細心の注意を

ネットを利用しているといろいろな人がいるなぁという印象を受けます。

「相手の顔が見えないから何を言っても構わない」
と考えているんだろうと思うような人もいます。

ネットオークションやネットショップを利用して、
文字だけのやり取りをする機会があると思いますが、
文字だけのやり取りだからこそ普段より丁寧な言葉でやり取りすれば、
買う方にも安心して取引していただけるでしょう。

またギャル文字や小文字を使わないのはもちろん
顔文字や絵文字を嫌う方もいますので使用しないように気をつけましょう。

作品を販売した際の税金について

   
Copyright (C) 2014 ハンドメイドの販売方法 All Rights Reserved.